October 05, 2007

L&G が

L&Gに強制捜査が入り、今いろいろ話題になっていますが、会社のある靖国通り沿いにあるビルの前はちょっと前までよく通っていました。いまビルの前にはかなりの報道陣がいるみたいですね。その向かいのビルには新宿放送局があるのですが、なんとライブカメラを設置してL&G玄関前を中継しています。
http://times.shinjukutv.com/2007/10/03/671/
なかなかやるなあ、新宿放送局。

|

October 01, 2007

秋の近況

突然、秋になることは無いだろう。突然寒い。秋物出してなかったよ。

・歌舞伎町で中学生が奄美大島に連れて行かれ、スナックで働かされたって事件。この先月のナックルズだったかマッドマックスだったかで事件発覚前の被害者中学生に取材して特集してたね。あのあたりのウラ系雑誌はどこまでが本当かが疑わしいんだけど今回は事実だったわけだ。そういえば、大分前からナックルズのサイトの記事がことごとく出会い系サイトにリンクされているようになって、いいかげんうんざりしてしまいましたよ。


・所要で週末夜千葉のほうに行ってきましたが、ヤンキー多いね。深夜はちょっと怖い。電車の旅はでも面白い。本数が少ないのが不便だけど。翌日の朝の帰り道、駅前の自販でコーヒー買おうとしたら、となりの公衆電話前にいた外国人ふう(たぶん)のおねえちゃんに、電話かける小銭がきれたので100円数枚貸してくれといわれる。それで500円だまでコーヒー買ったお釣りを渡す。今度会ったとき返すといわれたけど、おれは「もう会うことはないよ。またここ来ることはないと思うから」とだけ言って駅に入った。


・亀井訳のカラマーゾフの兄弟を読破。全5巻。長かった。でも面白かった。最後の5巻は数十ページのエピローグだけ。あとは資料と解題。この解題が面白かった。以前読んだとき、本当にミーチャが犯人では?なんて思っていたけど(純粋な人間はときに自分がついたうそを、しまいには真実と思い込んでしまうから)、それだと他の重要な部分が意味を成さなくなってしまうということに気づく。イワンとスメルジャコフ。あるいはリーザとイワンの関係など。まだまだおれも甘いな。カラマーゾフの兄弟は続編が書かれる予定だったことが知られているが、改めて読むといたるところに続編に対する伏線が引かれていることに気づく。つまりこの作品って未完の作品だったんだ。続編読みたかったな。どんな風になっていたんだろう。で、解題には続編に対する説をいくつか紹介していて、その辺に対し鋭い分析をしています。序文に手がかりがあるらしい。


・馳星周の新作短編集「約束の地」を買う。今回は彼のふるさとであり、おれのふるさとでもある北海道が舞台。まだ第一話を読んだばかりだけど、浦河が舞台。なつかしい。


・スカパーで映画「神田川」を見る。昭和49年の作品。面白い。当時の時代性がよく出ていて、録画して二回見てしまった。一方でこれ書いた人ってロマンティストだなあ、なんて思いも。時代が現在なら登場人物達に対して「甘えんな!」って思ってたかも。でも当時の大学生ってみんなあんな感じだったのかな。学生運動もロマンチックなイデオロギーだったのかな。知りたい。もっとあの時代の若者を描いた映画を観てみたいな。

|

September 06, 2007

夜遊びしようぜ

IZA
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/50568/

を読んでいたら、職場での男性同士のセクハラが問題になりつつあるみたいで。上司が部下に裸踊りの強要や風俗店に誘うというだけでなく、下ネタもセクハラに入る場合があるとか。最近の若い世代では下ネタに耐えられない人が増えているんだって。おれの周りにはいないな。どっちかというと下ネタ好きが多いのだが。女性に比べ男の方が性的な話が苦手って人、多い気はするが。

風俗の場合病気の問題もあるけど、キャバクラくらいなら一回は行ってみた方がいんじゃないの?なんて俺は思うけどね。そういうおれも昔会社の上司に何回かキャバクラに連れて行かれたことがあります。接待だったので経費でね。でもおれには合わないなって思ったね。ただ盛り上げるのがうまい人間と一緒に行くとキャバクラもクラブも確かに面白い。昔、友人と彼のなじみの店に行った時は、そいつがそういう奴だったので面白かった。営業やってる人なら話術、コミニケーションを鍛える意味で行ってみるのもいいんじゃない?

ここ数年は仕事関係の人と夜の街に出向くなんて全然してませんね。まあ、サラリーマンじゃないとそういう付き合いもなくなるさ。仕事関係の人と飲みに行って仕事の愚痴こぼしたり、仕事の進み方について議論するなんてことも全くない。これは寂しい。やっぱサラリーマンって面白いと思うよ。一度は銀座のクラブで飲んでみたいものだ。そんなとこ行く収入ないが。

そういえばおれの昔の友人は、まだ会社に入りたての頃、得意先の宴会で自ら進んで裸踊りをやってのけ、得意先の社長と外人系の店で女買って連れ出したり、仕事だけでなくそういう努力もして売り上げトップまで上り詰めたのでした。そんな手段つかって卑怯!って思う人いるかもしれないど、日本ではそういう付き合いも一つの営業手段である以上、立派な戦略です。もしそういうのが通じなくなっても、今トップの人たちは違う手段でも結構トップになれるんじゃないかな。で、こいつはデブで三枚目だけどテレクラでも天才的な手腕を発揮していました。いわゆるJK相手の武勇伝をしょっちゅうおれは聞いてました。もう10年以上前の話です。今は音信不通だけど生きてるのかなあ?お互いに現在の連絡先知らないし共通の友人ももはやいないから一生会うことはないんだろうな。

|

September 04, 2007

エヴァ解禁

1日はエヴァ上映初日。映画館はかなり狂った状況だったみたいですね。この日は前書いたとおりアキバにいたけど、綾波やアスカのコスプレしている人たちを見なかったな。そういう人たちは新宿か原宿にいたのかな。そういえばおれはエヴァのパチンコ(パチンコはやめたので、ゲーセンにおいてある博打じゃない方の機械)を去年結構やってたな。

しかしこの熱狂ぶりはなに?綾波の乳首が描かれていることが話題になったり。テレビじゃないんだから描いて当たりまえだろう。そしてエヴァ缶集める男に、コスプレする女。カヲルくん!この現象キミならどう思う?

そういうおれももちろん観に行くよ。でもいつ行くかが考え所。混んでる中観たくないしなあ。でも思い切って早めに行くか?

|

September 03, 2007

akiba

akiba
土曜日に秋葉に行きました。まだ萌えは顕在のようで。もちろんバンダナまいてケミカルウォッシュ履いた、見るからにオタクの人たちはいません。今だにそんなファッションが秋葉の主流だと思っている人いないだろうが。むしろオタク狩りをしそうな人間の方が多いっすね。怖い怖い。ぶるぶるぶる。あとカップル目立ちます。昔なら考えられなかった。アキバに巨乳は似合わないとおれは昔思っていたのですが、巨乳も目立ちました(もちろん乳見ながら歩いていたわけではない)。街も人も変わるさ。

メイド喫茶もまだ健在のようで。おれが妹喫茶行ったのが去年の今頃。ブームもそろそろ終わるだろうと思っていたんだけど、定着してきたのかな?順番待ちしている人には女性や外国人もいた。ブームでなく、文化になってきたのかも。一方新宿ではメイドバーは定着しているとは言えない感じがしますね。おれは歌舞伎町でなく、西口方面にカフェとして店を構えたほうがいいような気がするんですが。

|

August 27, 2007

打ちすぎにご注意

警官が自分の拳銃で女性と無理心中したって事件。武器を持つことの怖さを感じるね。銃を持っていなくても殺そうと思ったらどんな手段でも使うという意見もあるだろうけど、それはよほど殺意と覚悟があった場合。武器を持っている場合、殺してしまえって考えがすぐ出て来るだろうから。しかし、ストーカー多いね。おれは正直気持はわかる気がするけど、世間のみんなは恋愛関係で打ちのめされても、そういうのを乗り越えて生きてきたわけですね。でも中高年ストーカーが目立つんだけど、どういうこと?

にしても勤務中のメールや、パトカーの利用がなぜ見逃されていたのか、同庁の管理責任が改めて問われている。なんて新聞に書いてあったけど、携帯の私的メールなんて職場は管理できんだろう、普通。でも仕事中に携帯メールやる人って多いのかな?ちなみにおれはやってます。ってか前から書いてるように家でもネットは携帯、ブログも携帯からです。携帯でおれは信じられないくらい長文を打ちます。そのせいか、最近左親指の第一関節に痛みを覚えるようになりました。腱鞘炎?と思って整骨院いったら、なんとか症とかいう(難しい名前なので失念)、腱に関連する障害みたい。親指の付け根のあたりを細い棒で押しつけるかなり痛い治療をされました。でもおかげでかなり良くなったけど。

みなさん、ストーカーメールだけでなく、携帯長文メールも控えた方がいいですよ。たぶん携帯使い過ぎによる指の傷害抱えている人って結構いると思うんだけど。そのうち社会現象になるんじゃないの?

|

August 23, 2007

今日は涼しい

猛暑も終わったかな。夏が終わってしまったって感じです。…と思ったら明日また暑くなるとか。

今年の夏は犬吠と江ノ島の海を見ておしまいという感じです。8月は結局ほとんど遊んでなかったな。飲みにすら行ってない。

なんて寂しいこと書いてますが、よくよく考えると7月はディズニーシーで二回遊んだし、8月は台湾行ってたし、ジャムセッションに参加もしてたし、かなりいろんな事やってたわけですね。なのになんか物足りないわけで、じゃ何をおれ求めているの?って聞かれると全くわからないわけです。長く生きすぎて普通のことじゃ満足しなくなったのかな、なんて思いもあるけど、逆におれとは縁遠い普通のことを求めているのかも。花火いったり海水浴いったりとか野外フェスいったり。あとはバイク無いこともあるかも。夏のツーリング趣きがあるからね。でもとても今は買えないなあ。

|

July 30, 2007

新宿エイサーまつり

新宿エイサーまつり
新宿エイサーまつり
土曜日はかなりふ抜けた日。昼間、灼熱という言葉がふさわしい恐ろしく暑い時に部屋の壊れたガス器具の修理がおこなわれて、その間おれは部屋でのんびり。修理が終わった後、うとうと昼寝。そして夕方、新宿エイサー祭りをぶらっと観にいく。駅周辺はキャッチ、飲み会待ち合わせ、買い物客に加え、沢山の選挙演説も加わり、いつも以上のカオス。おれが行った会場は歌舞伎町シネシティ広場。まあ、そこしか知らなかったんだけど。

沖縄から来たたくさんのエイサーチームが順番に出て踊り、唄う。いろいろ見ているとチーム毎の個性が分かるようになってくる。沖縄の音楽は暑い夏によく似合う。気候が沖縄の独特の音階を生み出したのだろう。音楽というのはその土地にあったものが必然的に生まれてくるんだと思う。沖縄はまだ行ったことないけど、あの気候、土地、音楽はたぶん関東以上に人の気持ちをふわっと浮かせる「非現実力」があると思う。北野監督が「3-4x10月」を始め、沖縄を舞台に白昼夢のような映像を撮ったのもわかる気が。いづれ行こう、沖縄へ。

話は戻って、エイサーはどのチームの唄も踊りもすごくよくて、かなりの時間見入ってました。その中でも特に気に入ったチームがあったんだけど、パンフレットも何もないのでどういうチームかよくわからない。たしかどこかの町の青年会だったはずだが。まあ、知ったからって、どうなるわけでもないが。また来年も見よう。混んでいることは混んでいたけど、適度な込み具合だったし。ただ、みんな酔っ払って見てる中で一人でポツンとしらふで見ているのもちょっと寂しい。

そういえば、この日は隅田川の花火大会だった。帰りには浴衣姿の人もかなり見かけた。今年も花火いけるかな?浴衣と線香花火、そして蚊取り線香の匂い。日本の夏本番です。

|

July 25, 2007

なんとなく今年の夏は乗る気じゃないのですが、まあ久々にそんな気分になるのもいかな、なんて思ったりもします。あと一週間で8月。夏本番。でもカレンダー上では夏らしさというのは7月後半から8月末までくらいだよね。いくら暑くても9月は夏という感じしないし。つまり学生の夏休み期間の一ヶ月くらいしか夏はないんだろうな。

とりあえず海に行きたい。江ノ島をぼうっと歩いていたい。そうだ、行こう!江ノ電に乗ろう。何年振りだろう。千葉の外房も行きたい。ゆっくり電車に揺られて。そのほかにもいろいろプチ旅行などしたいと思うのでした。しばらく旅をしてないから、旅したい衝動に駆られますね。ゆっくりしたい。一ヶ月くらいの夏休みがほしい。

|

July 18, 2007

ポツドールが…

うぎゃ!前から観たい思っていたポツドールの舞台。新作の「人間失格」を今週末でも観に行こうと思っていたら、7月6日から16日まで。なんと先週まででした。おれの頭の中のスケジュールは一週間ずれてました。しょっく。次はいつなんだろ。それにしても太宰の「人間失格」を題材にするとは。なんとなく合う感じはするんだけど。

ともかく今度からまめに情報チェックしよう。

|

より以前の記事一覧