« 伊豆のスタンド使い | Main | 「悪の華」(新堂 冬樹) »

July 01, 2008

「警察庁から来た男」 (佐々木 譲)

「笑う警官」に続く、道警シリーズ。今回も汚職がからんだ事件が展開される。津久井や佐伯も再び登場。

おれは「笑う警官」よりこっちのほうが面白いと思ったよ。二つの捜査の状況が交互に繰り返されるので、場面の切り替えも面白いし。でも前作を読んでおいたほうが分かりやすいだろうから、「笑う警官」を読んでおいたほうがいいかもね。今回はススキノの風俗街が出てきて、おれの実家の近所だからやっぱ望郷の念に読んでいて駆られるね。ラストのシーンは帰省の際必ず行くところだから、情景がどの部分よりリアルに頭に描かれる。

ドロドロ感がなく、軽快でさっぱりした感じなので、ノアールばかり読んでいた俺には精神衛生上こういうサスペンスも必要だよ。できればシリーズ化して欲しいな。

文庫版もでてるよ。

|

« 伊豆のスタンド使い | Main | 「悪の華」(新堂 冬樹) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事