« 「警察庁から来た男」 (佐々木 譲) | Main | 携帯買換え »

July 06, 2008

「悪の華」(新堂 冬樹)

ブックオフで500円で売っているのを見つけ、やった!と思っていたら、残り200ページというところで外に置き忘れてしまった。それで再び新品を900円で買うという、失態をしてしまったおれ。

自分を責める以外ない。おれはよく本をいろんなところにおいてきちゃうんだよね。買い物してレジで財布取り出すために手に持っていた本を置いてそのままレジを後にしたり、荷物をバックに入れるのに中の本をいったん取り出し、そのまま入れ忘れたりとか。愚かすぎます、おれ。この前読んだ「枕女優」とちがって、ノアール全開のこの作品。でも馳作品の人物のような劣等感で鬱屈し、社会に溶け込めない、ともすれば文学的な絶望感というより、登場人物はハードボイルドのようなアウトローたち。みんなあまりにも性格が極端で、片桐の、おれは若いころ空手家五人を素手で倒したことがある、なんていう虚勢はもうギャグにしか見えない。主人公ガルシアが日本に逃げてきて、たった一年でおれがわからないようなとても難しい単語を使い、作家が書いたような流暢な言い回しで日本語をしゃべるのも、あれ?ってかんじ。ちょっとやりすぎでは?まあ、そんなことどうでもよいですね。

もっとどろどろして救いようのない話かと思ったら、かなり一般受けしそうな感じです。映画にもできそう。とくに後半の上海、福建マフィア、やくざ、主人公たちの戦闘シーンは面白い。まさに手を汗握るって感じ。もう、ここ読むためにそれまでの数百ページがあるって感じ。ところでこの作品には続編「聖殺人者」が出てます。シリーズ化するかな。もちろん読むよ。

でもこれもみんなのいう新堂ワールドではないんだろうね。ということで傑作といわれているひとつ「ろくでなし」を読みます。

|

« 「警察庁から来た男」 (佐々木 譲) | Main | 携帯買換え »

書籍・雑誌」カテゴリの記事