« June 2008 | Main | March 2009 »

July 15, 2008

携帯買換え

やっとグローバルパスポートの新機種w63saがでたので、先週機種変更してきました。4年ぶりの買い替え。もう時代が進み過ぎてすべてが目新しいです。SDカードがさらにちっちゃくなって、今までのやつに使っていたのが使えない。あらら。まあほとんどのデータは移動できたみたいだし問題ないか。もう時代進みすぎです 。
 
今はどの店もたいして値段が変わりないって聞いたので、近所のAUショップで買ったんだけど、あとで知ったら他のいろんな店より2千円近く高かった。35,000円ちょい。ってか量販店だけでなく他のAU ショップよりも高いんだけど…ひょっとして日本一高い店で買った?それともなにか違うのかな。安心なんちゃらとか、いろいろ入ったのに。
 
AUショップって店内に価格提示がないのが物を売るスタンスとしておかしいのではないかって思うけど、なんか規制があるのかな。買う直前まで値段が分からないってのもなあ…まあ、面倒くさがらずに今度からきちんと価格を店員に前もって聞こう。教訓。でも、番号札もらって、並んで、やっと自分の順番が来て、そしてただ単に価格だけ聞いて帰るってのもちょっと気まずいよな。
 
 

| | TrackBack (0)

July 06, 2008

「悪の華」(新堂 冬樹)

ブックオフで500円で売っているのを見つけ、やった!と思っていたら、残り200ページというところで外に置き忘れてしまった。それで再び新品を900円で買うという、失態をしてしまったおれ。

自分を責める以外ない。おれはよく本をいろんなところにおいてきちゃうんだよね。買い物してレジで財布取り出すために手に持っていた本を置いてそのままレジを後にしたり、荷物をバックに入れるのに中の本をいったん取り出し、そのまま入れ忘れたりとか。愚かすぎます、おれ。この前読んだ「枕女優」とちがって、ノアール全開のこの作品。でも馳作品の人物のような劣等感で鬱屈し、社会に溶け込めない、ともすれば文学的な絶望感というより、登場人物はハードボイルドのようなアウトローたち。みんなあまりにも性格が極端で、片桐の、おれは若いころ空手家五人を素手で倒したことがある、なんていう虚勢はもうギャグにしか見えない。主人公ガルシアが日本に逃げてきて、たった一年でおれがわからないようなとても難しい単語を使い、作家が書いたような流暢な言い回しで日本語をしゃべるのも、あれ?ってかんじ。ちょっとやりすぎでは?まあ、そんなことどうでもよいですね。

もっとどろどろして救いようのない話かと思ったら、かなり一般受けしそうな感じです。映画にもできそう。とくに後半の上海、福建マフィア、やくざ、主人公たちの戦闘シーンは面白い。まさに手を汗握るって感じ。もう、ここ読むためにそれまでの数百ページがあるって感じ。ところでこの作品には続編「聖殺人者」が出てます。シリーズ化するかな。もちろん読むよ。

でもこれもみんなのいう新堂ワールドではないんだろうね。ということで傑作といわれているひとつ「ろくでなし」を読みます。

|

July 01, 2008

「警察庁から来た男」 (佐々木 譲)

「笑う警官」に続く、道警シリーズ。今回も汚職がからんだ事件が展開される。津久井や佐伯も再び登場。

おれは「笑う警官」よりこっちのほうが面白いと思ったよ。二つの捜査の状況が交互に繰り返されるので、場面の切り替えも面白いし。でも前作を読んでおいたほうが分かりやすいだろうから、「笑う警官」を読んでおいたほうがいいかもね。今回はススキノの風俗街が出てきて、おれの実家の近所だからやっぱ望郷の念に読んでいて駆られるね。ラストのシーンは帰省の際必ず行くところだから、情景がどの部分よりリアルに頭に描かれる。

ドロドロ感がなく、軽快でさっぱりした感じなので、ノアールばかり読んでいた俺には精神衛生上こういうサスペンスも必要だよ。できればシリーズ化して欲しいな。

文庫版もでてるよ。

|

« June 2008 | Main | March 2009 »