« モテない系 | Main | 「四畳半神話大系」(森見 登美彦) »

June 21, 2008

「枕女優」(新堂冬樹)

新堂冬樹の作品を初めて読んだ。今、勢いのあるノアール系の作家らしい。作者自体が芸能プロを経営していたこともあるみたいで(金融業界にもいたとか)、そんな人間が芸能界の裏世界を書くもんだから説得力があるし生々しい。でも最近はそういった裏事情に対する情報ってサブカル系の雑誌にたくさん書いてあるし、女優達は仕事とるために体を売っているとか、整形したとかという噂を聞いても、あまり興味がわかないなあ。もちろん真偽は分からないけど、本当だとしてもどうでもいいっていうのが多くの人の意見なんじゃないの。おれも含めてそういう裏世界の一番欲しい情報って、内容でなく誰がやっているかという実名だと思う。だからフィクションだと、あまり刺激が感じられない。この小説の面白さはそんな芸能界の裏なんかじゃなく、全体に仕掛けられたトリ
ックと主人公の自己破壊に進んでいく心理の過程なんだよね。ネタばれになるので書けないんだけど。

といっても、ちょっと中途半端な感じがしちゃうなあ。もの足りん。大体1ページにおける文字数が少な過ぎ。200ページ近くの作品なのに一日で読み終わっちゃたよ。だったらもっとページ数少なくしてくれよ。

新堂冬樹の作品ってみんなこんな感じ?そんなはずはないだろう。そう思って、今違うやつ読んでるんだけど、これがばりばりノアール。おもしれえ!それについてはまた後日。

|

« モテない系 | Main | 「四畳半神話大系」(森見 登美彦) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事