« March 2008 | Main | May 2008 »

April 16, 2008

「虚(うつろ)の王」

おれはいつも移動時間や休み時間にしか本を読む時間がなく、家に帰るのは深夜なので家でゆっくり読む時間がない。だから一冊読むのに結構時間がかかる。でもこの「虚の王」(馳星周)は550ページくらいなのに4日くらいで読んでしまった。おれが覚えてる限りここ二年くらいで一番早いペースかも。途中でとめることができなくて、どんどん読んじゃったんだんだよね。他の馳さんの作品と違った、ちょっと幻想的な怖さがあったから面白く感じたのかな。というのも渋谷の売春組織を仕切っている高校生のエイジくんの存在のせい。弱っちい優男の内面に潜む無垢な残虐性。空虚で人にも自分自身をもなんの感情もなく傷つけることができる。だから暴力でしか感情を吐き出せない主人公は彼を恐れ、憧れる。コクトーの「恐るべき子供たち」を思い出
した。映画では実際にあった事件をベースにした「乙女の祈り」とか。乙一の作品でも出てきそう。でもエイジくんの行為はそこまでの怖さはない。登場する前の彼に対する噂が大げさすぎて、どんだけ怖い人間なんだろうって期待しすぎてたせいもあるけど。もっとイカれててもいいんじゃいない?って思っちゃう。

これが単行本で出版されたのが2000年ころ。ちょうどコギャル時代が終焉を迎ようとしているころ。でもたしかにコギャル系の勢いはすごかったけど、当時の渋谷の街って高校生たちに勢いあったかなあ?当時おれは池袋によくいて、渋谷はそんな詳しくないからなあ。たしか池袋はそのころは深夜、マックのテーブルに乗って踊っていたバカギャルがいた。駅周辺の公園が怖かったのもそのころで、どちらかというと渋谷より池袋のほうがやばかった印象がある。まあ、すでに一昔前の話だからよく思い出せないし、気にならないけど。現在の話になると作品が現実の街や文化などと違うと気になって、これは違う!作者は分かってないって言う人も出てくるんだけど、昔の話なら気にならないんじゃない?当時のことが印象的な人たちは違うでしょうが。まあフィクションだし、「不夜城」ほど現実とかけ離れていないけどね。

ノアールバリバリのころの馳作品だから、最後はいつものようにジョットコースター式に絶望へ隋ちていく。もう様式美だね。

※文庫本は光文社と角川の二社が出してる。どういうことだろう?

|

April 15, 2008

「笑う警官」

札幌の街はマンハッタンのように碁盤の目になっていて、ほとんどの住所は南○東○というように座標で示される。だから地域に名前がない。たとえば○○町と言われれば名前からすぐにその街のイメージが浮かぶだろうけど、札幌の場合座標で場所が示されるから、その町名から呼び起されるイメージじゃなく、市内の中の位置が真っ先に頭に浮かぶと思う。この考え、どうよ?

つまり札幌は大体知らない場所でも住所でどのあたりか、そしてそこまでの距離の見当がつく。だから「南○西○から南X東Xへ向かった」と言われればすぐ頭の中の地図でルートをイメージできる。そう考えると、捜査物の話で舞台に札幌ってすごい向いているんじゃないの、なんて思う。(でも、これ書いた後、東京の人に聞いたら、逆に町名が無いから分かりにくいと言われた。なんだ…この説ダメか)

作者の佐々木譲は札幌出身。だから札幌の街並みに詳しく、この「笑う警官」でも住所による移動説明が頻繁に出てくる。他の都市の人がこれ読んでどこまで位置関係が把握できるかな。話は札幌で起きたとある殺人事件。容疑者にされた同僚の警官の無実を晴らそうと影のチームを作り、明日の朝まで真相を突き止めなければならないというもの。事件には道警の汚職が絡らみ、警察全体を巻き込んだ大きな騒ぎになっていく。チームをつくりメンバー各自が一芸を持っている。タイムリミットがある。警察内部の陰謀と策略。組織と戦うチーム。ってあたりで映画にするにはすごい魅力的な話だね。映画化は納得。でも、しょぼい映画になってしまう可能性もあるなあ。いっそハリウッド化すればいいのに。

話自体はかなり大げさで、そんなことありえないだろう!って思うかもしれない。いや実際思ったよ。でもさ、数年前の道警の汚職事件をよく思い出してみると、けっして大袈裟じゃないんだよね。実際はその一連の事件がこの話のベースになっているみたいで、モデルもいるみたい。道警の実際の事件に興味ある人はこれを見て。
http://www5.hokkaido-np.co.jp/syakai/housyouhi/document/

こんなのも:
ttp://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/01/post_2782.html

魅力的な人物が多いんでぜひシリーズ化して続けてほしいね。ちなみにシリーズ続編は「警察庁から来た男」。なお、単行本が出た当時は「うたう警官」だったけど、文庫化した時に「笑う警官」に改題しだみたい。映画のタイトルも「笑う警官」らしい。

|

April 14, 2008

春になり

4月に入り、入学や入社など新しい世界にこれから入る人もいれば、そこまで大きな変化ではなくともいろいろ環境が変わった人、そしておれのように別になにも変らない人もいると思います。そんなおれのような変わらない人間でもこの時期の朝、新しい世界に出向こうとする新入生、新社会人の姿をみると自分も新鮮な気持ちになったりします。関東だと桜が新たな門出を祝うがごとくこの時期咲き始め、そんな光景を見ているとやっぱ日本は4月を節目とするのがいいよなあ、なんて思いますね。9月だとやっぱ違和感ある。まあ、確かに多くの国にならって9月にしたほうがいろいろ便利ではあるんだけどね。

今年はおれも4月に入り、いろいろ変わる時期なのかな、なんて気がしてます。周囲が変わっていくので、自分も変わらなきゃいけないのかなって気がして。変化でなく、進化したいね。もっと大人にならなきゃならないなって真剣に思っています。体が老けてるのに心がそのままというのはちょっとみっともない。ってかイタイ人間だよね。そうはいっても若いころからずっと歪みが生じているこの人生、軌道修正するのは難しそうです。さて、どうするか。

とりあえずは夏前には引っ越ししたい。環境を変えよう。本当は5月ころ引っ越ししたいんだけど、いろいろ忙しいので。帰国してきた5年前のゼロの状況に戻らなきゃいけないのな、なんて思いもあります。考えるてみると、帰国して精神的にも物理的にも何も無い状況から、5年間よくここまでやってこれたなと思います。唯一おれがもっていた財産は友人たちで、友人がいるおれはまだ恵まれている状況だったのかもね。

と、帰国5年目と天中殺終えたこの節目に過去と未来を思いつつも、実は何も具体的にどうするか考えていないんだけど。とりあえずそう思ったということだけを、ここに記録として書き記しておこう。

|

April 12, 2008

清く正しく美しく、他

・MSNの「あなたのLOVEの世界診断」という非常に恥ずかしい名前の診断をやってみる。実は診断ものにおれは弱いのです。やらないと気になってしまうんでね。で、おれの結果↓↓↓

恋愛は清く正しく美しく!
あなたのLOVEの世界は、純愛街道まっしぐら!の清く正しい世界。略奪愛、二股、同性愛…など、モラルに反するような恋愛はあなたの世界には存在しません。最初から、一線を越えなければいけないような相手は、恋愛対象にしないようです。絵に描いたようなハッピーな恋が、あなたのピュアな魅力を引き出してくれるでしょう。でも…エデンのリンゴを食べるような勇気を持つと、新たな魅力が発揮される可能性も!

絶対違うよな。でも実はそうなのかもなあ。恋愛は清く正しく美しく!って言葉は良いね。ストレートなんだけどスタイリッシュな感じ。

http://beautystyle.jp.msn.com/beauty/check/alternative.aspx/category=beauty/checktest=43/


・今の携帯がもうボロボロで限界なのでをそろそろ買い換えようと思っているんだけど、今使っているAUはKDDIのくせに海外で使える機種がほとんどない。おれが使ってるグローバルパスポートはWinでないし、エキスパートのほうは携帯をレンタルしてカード差し込んで使う…って、レンタル携帯によく使う電話番号登録しなきゃならないだろう。大体レンタルと自分の携帯二つ持ち歩くってのがいやだ(おれは最近はデシカメでなく写メで写真撮る)。この前新しく仕組みが変わったみたいだけど、ぐろーばるぱすぽーとの新機種は一つだけ。やる気なしだなAU。まあそれを買うか、それともドコモに乗り換えちゃうか迷いどころだね。ドコモの機種高いから、softbankって手もあるか。来週まで決めよう。


・ずっと暇なくて行けないけど、やっぱ温泉行きたい。都内では麻布十番温泉がなくなってしまった。ついに一度も行くことがなかった。新宿の十二社温泉は大丈夫だろうな。今週末でも時間があれば行ってみる。んで、近いうちに温泉入りに遠出してみよう。

・ものすごい円高になってしまって、どこまで行くのかって思ったけど若干円安になってきたようで。アメリカ行くなら今がチャンスかもね。おれは$1=99yenくらいの時を逃さずドル口座にお金入れました。おかげで円がなくなりました…

ドル決算のクレジットカード(ドル口座から引き落とし)を持っているのでこれで円安になっても気にせずドルで買い物できます。でもさらに円高になる可能性もあるんだよな。

|

April 10, 2008

ゲイシャ・ガイズ

今月からキャッチを締め出すためのなんとか条例とかが執行されたせいか、歌舞伎町はキャッチが少ないですね。先日の深夜零時過ぎの歌舞伎町は平日と雨のせいかとても静かでした。ホストっぽい人たちもキャッチするのでなく、普通に歩いてました。

ところで、CNNで日本のホストについての記事が出ました。まあ、内容はありきたりのものですが、CNNで取り上げられたってのが興味深い。でもホストよりコスプレしゃぶしゃぶや鉄道喫茶なんかを特集してほしいな。CNNならどう分析する?

http://edition.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/04/07/japan.geishas/index.html?iref=mpstoryview

|

April 09, 2008

アキバを歩く

アキバを歩く
日曜日にアキバに立ち寄った。つくばエクスプレスに乗り換えるためアキバで降りたんだけど、ついでだから行きの昼と帰りの夜、二回ぶらぶらしてみた。別に欲しいものがあるわけでもないし、アキバ最新文化にも無知なので、本当に軽く周囲を歩いただけ。なぜか二年前に深夜までゲーセンで遊んだり、いもうと喫茶行ったことが思い出され、妙に懐かしくなったりした。懐かしく感じるってことがやばいよね。なんて後ろ向きな感情。疲れてる証拠か。

10年前と違い今のアキバは夜でもにぎわってる。21時くらいでも駅前はたくさん人がいました。それにしても路上で地下アイドルを撮影している人たちのなんと多いことか。結構おれと同じくらいかそれ以上の中年も多い。みんな毎週来て撮影してるのかな?

夜、駅前でペインティングパフォーマンスをしている女の子。車に張ったキャンパスに車上にいるDJの音に合わせ、萌系の絵を描いている。愛まどんな、って人だって。有名なのかな。ペインティングパフォーマンスは多いっすね、ここ数年前から。だいたいトランス系の音楽をバックに即興で書くって感じだけど、トランスはぺインターの何かを誘発するのか?

駅横の路地の写真。結構気に入った光景。今度はじっくり散策してみようか。

|

April 07, 2008

「夜を守る」

上野アメ横が舞台。IWGPのアメ横版みたいな感じだけど、自ら進んでガーディアンとなって町を守る積極的な彼らはとてもストレートで、受け身でちょっとひねているIWGPのマコトとは少し違う。やくざが普通にい奴だったりするエピソードを読むと、なんかかなり童話っぽい現実離れした感じするけど、もともとノアール的なものをこの本に求めていないからそれでよい。青春ミステリーだからさ。ストリートガールが、狂った客にシャブ打たれてそこからなにかが狂い始める…とか、あるやくざの依頼した事件を解決したと思ったら実はそのやくざの罠で…とか、イケメンのシンナー中毒の彼女である、美人キャバ嬢が売人達にマワされ…とかそんな話はここじゃ求めてないし。馳星周ならそうするんだろうけど、あくまで爽やか、痛快じゃないとね。

石田衣良の恋愛ものはどうも中途半端な感じがして苦手なんだけど、こういう事件解決ものはやっぱ面白いなあ。ただIWGPが一番好きかな。

この前この本読んで無性に懐かしくなり、上野行っちゃったよ。上京して最初に働いた街だから、ものすごい懐かしかった。アメ横は相変わらず夜が早い。19時ころでほとんどが店じまいの準備してました。

|

April 04, 2008

沢崎シリーズ

前から気になってたハードボイルド作家、原りょうの沢崎シリーズ全4作を読んだ。チャンドラーの影響受けている作家みたいなんだけど、残念ながらおれはチャンドラーを読んだことない。もともとハードボイルドに対する思い入れもない。そのせいか主人公である私立探偵、沢崎の時代性を拒んだ生き方が現代の東京が舞台ではちょっと不自然に感じてしまった。ロック、携帯電話、若者文化、なんかただ単に新しいものを意味なく否定しているような気がして。そして沢崎始め、登場人物たちが辺り構わずタバコをすぱすぱ吸う。人の家でも断りなく吸う。これも懐古主義なの?愛煙家のおれでさえ、それはちょっとっておもっちゃうな。喫煙=男らしいの図式はいかがなものかと。デビュー作の「そして夜は甦る」が出たのが80年代後半。このころはまだ携帯電話もインターネットも普及してなかったけど、21世紀になって急激に時代が変わりこの二つの普及で情報収集、コミュニケーションが劇的に変わった。そのせいか2004年に出た最新作「愚か者死すべし」では沢崎の非時代性にちょっと無理が出てきた気がする。でもたぶんそれがハードボイルドな雰囲気なんだろうね。おれはハードな人間じゃないから違和感を感じるんだろう。でも無理があるといいつつも、登場人物のキャラも、話も面白いからほとんど気にせず読んでしまいます。こういう世界もいいね。携帯でメールを打ちまくる沢崎なんて想像つかない。アナログ人間でいつまでもいてほしい。彼の皮肉たっぷりの遠まわしな言い方も好きだ。

でもどの作品も後半になると一気に複雑な人間関係や、背後関係が解き明かされ、おれの頭では理解しきれなかったりする。複雑すぎて。でもまあトリックを暴くというものでなく、この世界にハマる作品なんだから構わないかな。本格的な推理物ファンなら苦もなく読めるんだろうけど、おれはまだ慣れてない。

一番好きなのは「私が殺した少女」。だけど、シリーズ全体の雰囲気を知るなら三作目の「さらば長き眠り」がいいかもしれないね。沢崎の事務所は西新宿。そのせいか京王線、中央線沿線がよく舞台に登場します。近くに住んでいる人は別な楽しみ方もあるでしょう。しかしデビューして20年経つのに、5,6冊しか出してないって、ものすごい遅筆だなあ。

| | TrackBack (0)

April 03, 2008

迷い道

探し物があって急きょ渋谷に行かなくてはいけなくなり、新宿から渋谷へ。心臓の弱いおれはぜいぜい言いながら渋谷の坂を登る登る登る。途中道間違えて、さらに登る。ぜえぜえぜえ。苦労して店にたどり着いても捜し物はなかった…せっかくだから数年ぶりに名曲喫茶ライオンにでも寄っていこうと思い、店の前まできた。でもなんとなく躊躇して入るのをやめる。特に理由はないんだけどなんとなく。また来きたときは、今度こそ入ろう。

新宿でもそうだったけど、ここ最近は渋谷でも普段普通の人があまりいないような場所(新宿だとさくら通り周辺)に、ものすごく普通の人が沢山いたりして、不自然な光景になっている。上京したての人が多いせいかな。昼はいいけど、夜は注意してね。

さて、ライオンに入るのをやめて、代わりに路地のコンビニ前で缶コーヒーとタバコで安上がりな喫茶。途中で出理ヘルだか円かわからないけど、携帯で話しながらお互いに近付いてきて挨拶交わした男女が、すぐに近くのラブホに入っていった。そのちょっと前には店の前で筋の人たちが数人、店から出てくる人に頭を下げていた。渋谷も場所によっては今の新宿よりディープだね。そんなディープな場所にあるライオン。ここだけ異空間です。

帰り、どうせならちょっと散策していこうと思い、おれの好きな松濤の静かな町並みを歩こうとしたけど、案の定迷い、住宅街をひたすらさまよう。気がついたらセンター街。渋谷は複雑だ。

|

« March 2008 | Main | May 2008 »