« February 2008 | Main | April 2008 »

March 28, 2008

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程〈みち〉』

おれはあさま山荘事件をよく知らない。子供の頃、ばあちゃんに、赤軍という悪の組織が山に閉じこもって仲間をリンチして、心臓に杭打ち込んでぴくぴく動くを楽しんでたとんでもない事件があった、なんてことを聞いただけ。その後、大人になって、当時を知る人から断片的に聞いたりしたけど事件そのものの背景を知らないからよく分かってなかった。

ここ数年全共闘に興味を持って、いろいろネットや本を読んだりしているんだけど、ようやく時代背景や当時の若者のことがぼんやりわかるようになってきた。でも、まだまだ疑問は多い。一番の疑問は前も書いたけど、なぜ共産主義掲げる人が大学4年になると髪切って就職活動し、資本主義に身を捧げるのかってこと。

今回この映画を見て、あさま山荘事件がどういう事件かやっとわかった。そんなもんだから、なぜ彼らはあのような行動に出たのか、なんて世代や時代を考慮して考えることは俺にはできないし、実際映画見てもそういう時代だったんだって思う程度。ただ、おれは当時の時代性やイデオロギーといったもんをこの作品って出していない気がした。むしろ、人里離れた閉ざされた空間で、どんどん疑心暗鬼になり、人間の死にマヒして暴走していく普遍的な人間心理を描いているような気がする。実際、総括(早い話、リンチ)と称して仲間を殺していくようになるシーンは、もの説得力があった。どの時代でも、思想に関係なく武装集団なら絶対に起こりえるんじゃないの?でも事件のこと前もって知っていたら、違う見方になっていたかも。

それにしても坂井真紀、やっぱおれ好きです。かわいい!リンチされるシーンも萌え。じゃなくって…永田洋子役の人、すごい存在感。しかし当時を知る人間はこの映画、どう観たんでしょうね。検索しておれのこのブログにたどり着いた人は、おれの記事読むより全共闘世代の人のレビューを読んだほうが面白うかも。あと、これから観ようという人は一通り時代背景を調べておいたほうがいいかも。特に主要人物の名前は覚えておいたほうがいい。おれは何度か誰が誰だか分らなくなり、混乱しました。やっぱ、頭がバカになっているかなあ。それから関係ないけど、なんかファッションが中途半端な70年代風に感じたのはおれだけ?ちょっとだけ今風な…

公式サイト:http://www.wakamatsukoji.org/

※あとで、↓のサイト見てやっと話の内容がわかった。観る前に読んだほうが良いよ↓
http://www12.ocn.ne.jp/~chi0010/touitsu.htm

| | TrackBack (0)

March 27, 2008

切ない話

どこまで実話なのか判断つかないけど、ここまでの内容だともうそんなの気にしないね。神はいないと言う言葉はこの人が言うと物凄く説得力がある。さいごは泣けましたよ。お勧め↓

ttp://koganeangel.blog111.fc2.com/

|

« February 2008 | Main | April 2008 »